コンユウメモ

作ったガラクタとか、旅行とかの話

サウスピークで英語留学 ~ 4回目 音声変化の練習したり現地のITイベント行ってきたよ

現在サウスピークというフィリピンはセブにある英語の語学学校に今月から4週間勉強してきて、ようやく帰国してきたところだ。

今回は前回の単語の発音練習から一歩進み、単語と単語のつながり方、文のつながりの発音練習するということをしてきたのでその話をしたい。

例えばリンキングというものがあり、簡単に言おうと、Check it out がチェケラッって聞こえるようなものだ。 リンキングを考慮して文章を読めると、「英語を話しているぜ」って感じがするし、リンキングなどの音声変化を理解していると、リスニングが良くなる(と言われている)

サウスピークが気になった場合はこちらから申し込み このリンクから申し込むがよい

索引となるまとめページはこちら konyu.hatenablog.com

音声変化の練習

f:id:kon_yu:20190801114744j:plain

音声変化の種類

リンキング、リダクション、フラッピングについてざっくり説明していく。詳しいことはそれぞれググるといい感じの記事がたくさんある。

リンキング 音の連結

Because of his dog

彼の犬のせいですという英文で、Beause ofのビコーズとオブの子音で終わりかつ母音始まりの場合はくっついて発音する。つまりビコーゾブって発音する。

リダクション 脱落

I am used to wearing a tie

ネクタイをするのに慣れているっていう英文で、学校でも習ったことあると思うけど be used to doing イディオムの場合はユーストゥって発音するって習ったように、usedのdが脱落する。そして続くtoとリンキングする。

フラッピング ソフトD

You'd better save money

お金を節約するべきだっていう英文なんだけど、betterのttを弱いDの発音、ソフトDで発音する。なのでベターではなくベダーまたはベラーと発音する。尾崎豊の歌の Oh my little girlもオーマイリルガールって歌うでしょ、それ

音声変化で気づいたこと

強調するところは、文脈で決まる。youやhim、herは普通は弱く読むが、文脈によって変わる。 hisやherなどのhはかならず脱落するものだと勘違いしていたが、文脈によって「彼の」xxを強調したいときは"his"を強調する。

音声変化の練習でのオレなりのコツは下記の2つ。なんとなく格闘技の練習中に感じていた感覚に近い。

  • ゆっくりできないものは速くはできない
  • 脳の命令は現在の状態の次の命令を出さないと素早く実行できない

ゆっくりできないものは速くはできない

どんな動作でもゆっくりできないものは速くできない。リンキングなどの練習だと速く読む音声教材だったりする。 焦って闇雲に何度も何度も速く読むのではなくて、ゆっくり音声変化を確認しながら発音練習してから徐々に速度を上げると良い。

本についている音声教材も、ゆっくり再生したものを真似しながら徐々に速度を上げていくのがいい感じ。

脳の命令は現在の状態の次の命令を出さないと素早く実行できない

人間は細かく動作を意識して素早く動くことは難しい。細かい動作をまとめて動作の塊として出来るようにしないと素早く実行することができない。 プログラマ的には処理を関数にまとめて、頭の中で意識するのは関数呼び出しをするイメージだろうか。

現地のITイベントに参加してきたよ

f:id:kon_yu:20190801114548j:plainf:id:kon_yu:20190801114555j:plain

全然英語の勉強と離れ、英語を勉強した成果を試すためにも現地セブ島のITイベントに参加してきた。 参加してきたのは、I/O Extended 2019 Cebuというもの。

どれくらい聞き取れるかかなぁと思って行ったんだが、プレゼンテーションソフトと、ソフトウェア開発の知識のおかげで8〜9割ぐらい理解できた。そのままのリスニング能力だと理解できるのは良くて6割ぐらいだろう。

オープニング・セッションでアンケートを手を挙げさせてアンケートを取っていたんだけど、参加者はコンピュータサイエンスを専攻している学生や、IT企業の社員など全体的に若者が多かった。

聞いていたセセッションで特に面白かったのは、Building a Fast and SEO Friendly SPAというものでSEOフレンドリーで高パフォーマンスなSPAサイトを作るというものだった。

どうやら日本で行われたAngularのイベントでもほぼ同様のものを登壇されているようで、気になる人は見てみるのがいいだろう。 ng-japan - The Angular conference in Tokyo, Japan. 日本最大のAngularカンファレンス (2019/7/13) YouTube

ちょっとそこら辺にいるフィリピン人のソフトウェアエンジニアに話しかけて、普段どうやって勉強するのって聞いたら、Stack Overflowや、ライブラリの公式ドキュメントや、Coursera、Khan Academyなどオレが普段調べたりするのとほとんど変わらない。

まさにグローバリゼーションだ。インターネットの力で質の高い教育が距離を超えて伝わっていく。これはとても良いが、ソフトウェア開発する人が増えすぎてコモディティ化してしまうのではないかという懸念が生じた。

需供のバランス的に今後どうなるのだろうか?楽観的に考えると圧倒的な需要が有る気もするし、超すごい人とすごくない人のプログラミングレベル別の人口ピラミッドはあまり変わらない気もする。


今週の英語学習進捗

発音と、スピーキングの授業、それにプレゼンテーションやディスカッションをするグループレッスンを受けている。 今週も学習の振り返りはIT業界で有名なKPTを使って振り返りをしている。

KPTとは

KPTはKeep, Problem, Tryの略で日本ではケプトと読む人が多い。 Keepは続けること、Problemは改善したい問題, TryはProblemの解決策として取り組むことである。

今週は4週目で先週のTryの結果から

Tryの結果

  • もっと他の生徒とたくさん触れ合ったほうがいい気持ちが湧いてきた
    • グループレッスンで一緒になった人の一人が同業者で、近所の中華屋でご飯を食べれたので良かった
  • Toeicの対策の問題を解いてみても特に成長を感じない
    • Toeic対策も少しやるっていうのは忙しくて出来てなかった。帰国したしまたちょっとずつ対策していく
  • 1週目のときのように言いたいことを言えないもどかしさが出てきた
    • 英語を喋っているときは自分の英語のレベルに合った偏差値の低いことを喋るように意識して乗り切った。
  • 最終日の後どうやってこの学校から去るのか手続きを教えてもらえていない
    • 問い合わせてして回答を得た。最終日は少しいいホテルに泊まり、次の日はセブ島を少し観光した
      • セブの歴史博物館みたいなところは結構面白かった
  • 仕事で日本とビデオチャットで通信量がかさむ
    • 金で解決した

Keep

  • この学校が謳っている一日8時間以上の学習ができている
    • 学習時間を細かくアプリを使って計測しているのでこれは問題ない
  • 筋肉体操も習慣化できている
    • 筋トレが習慣化してよかったが、帰国して体重を測ったら全然痩せてなかった

Problem

  • 帰国してからどういう勉強の取り組みをすればいいか
  • 授業と自習の合間に日本の仕事をしていると、時間的にも遊びがなくてかなりハード

Try

  • 帰国してからどういう勉強の取り組みをすればいいか
    • 現在あれもこれもやりたいことだらけなので、一旦リストアップしてからバランス良くやりたい
  • 授業と自習の合間に日本の仕事をしていると、時間的にも遊びがなくてかなりハード
    • 帰国してからは英語を勉強するのは朝と夜になるので、問題なくなるかなと楽観的に思っている

f:id:kon_yu:20190801114559j:plain
それにしても猫は世界中どこでも可愛い

サウスピークが気になった場合はこちらから申し込み(設定をミスってなければこのリンクから申し込むとわずかばかりオレの財布にお金が入るはずなんだが)

このリンクから申し込むがよい

サウスピークで英語留学 ~ 3回目 現地のウェブサービス使ってみた編

現在サウスピークというフィリピンはセブにある英語の語学学校に今月から4週間勉強しに来ており、後半戦の3週間目が経過した。

今回はソフトウェアエンジニアの開発を生業にしているので、海外に来るとできるだけ海外のサービスを利用して見るようにしている。 現地の人にヒアリングしてみたり、使ってみた感想も共有するよ。

これ読んでる人にセブへの英語留学の参考になるのか疑問が出てきたが、いいか、もっと普通のサウスピークがこんなところですって書いてるブログはたくさんあるし。 ソフトウェアエンジニアで英語なんとかしなきゃなぁって思っている人が興味をもつようなことを書いていきたい。

サウスピークが気になった場合はこちらから申し込み このリンクから申し込むがよい

索引となるまとめページはこちら konyu.hatenablog.com

ソフトウェアエンジニアの開発を生業にしているので、海外に来るとできるだけ海外のサービスを利用して見るようにしている。 現地の人にヒアリングしてみたり、使ってみた感想も共有するよ。

ざっくりいうと東南アジアに広く展開しているGrabはとてつもなく便利だった。 フィリピンのサービスはオレが使ったものに関してはどっかで聞いたこととあるようなサービスのローカライズといったところだ。 わかりやすく言うと日本でのサイバーエージェントが得意な戦法。

メッセージングアプリのどれが一番メジャーか聞いてみた

Lineやwhatsapp、WeChatなどいくつかメッセージ送信機能のあるアプリで何を一番良く使うか、空港のSimカード屋さんの店員や、携帯電話ショップのスタッフ、レストランでマネージャーっぽい人に聞いてみた結果、Facebook messengerしか使わないと言う回答を得た。3/3なのでまぁそんなところかもしれない。 学校の先生3人にも聞いてみた結果、Whatsappも使ったことあるけどFacebook messengeerしか使ってないそうだ。

そういえばフィリピンの人はFacebookが超好きって聞いたことがあったが、メッセージングのアプリでもそうらしい。

Grab

Uberが東南アジアから撤退する要因となったタクシーアプリ。UberはGrabの株の10数%を持つことでこれに合意したはずである。撤退の仕方がスマートだ。 大人の事情と一言ですますのもなんだけど、日本のペイメンソシステムが乱立しているのもこれを見習ってほしい。便利な社会にすることが大人の役割じゃんじゃない?

閑話休題

先日マレーシアに行った際にアプリをインストールして使ってみたが、Grabはいつの間にかタクシーアプリだけではなくて、いくつかの機能がある。 トップ画面にあるものだけでも下記のようなものである。

  • タクシー機能
  • QRコードを含むペイメントシステム(個人間で送金も可っぽい)
  • 携帯電話のタップアップ(課金)
  • フードデリバリー
  • 配達
  • ホテル予約(これに関しては現在のところAgodaにつながるだけなので独自でやってるわけではないようだ)

この中で使ったものは、タクシー機能、携帯電話のタップアップ、フードデリバリー

タクシー機能は言わずもがなで超便利で、迎車ができて、行き先もアプリで指示できるので簡単だし、事前にいくら掛かるか決まっているので、ぼったくられることもない。 釣りないとかタクシー関係の揉め事が激減するのでたいへんよい。

渋滞にハマった場合は通常のタクシーだと時間にも課金されるが、Grabの場合それがないので意外と安くすむ可能性もある。

日本と比べると発展途上国は概ねタクシー料金が激安なので移動は基本的にGrabだ。

携帯電話のタップアップ(課金)について、通常プリペイドの携帯SIMで課金する場合は携帯ショップなどなんとなく携帯電話のグッズを置いている店に行って、プリペイドカードを買い、そこに書いてあるシリアルナンバーを登録して1000ペソ分課金するというような処理が必要で結構面倒だ。何年か前のマニラではどうにもわからんくて携帯やさんのおねーちゃんにやってもらっていた。

f:id:kon_yu:20190720085654p:plainf:id:kon_yu:20190720085642j:plain

それがGrabのアプリからなら電話番号に直接チャージすることが出来るので、お店にくことなく携帯のチャージが出来るのだ。超便利

必要な分だけアプリ内のGrab payのポイントを購入しそれを利用して買うことになる。クレカで直接変えないのが若干面倒。それでも店舗にいく手間を考えたらかなり楽である。

フードデリバリー機能については、使おうと思ったがパスポートの写真やこれは住んでいるところを証明する書類のアップロードが求められてのでここでギブアップした。次に紹介するFoodpandaでフードデリバリーを試してみている。

Foodpanda

フードデリバリー。デリバーリー料金が無料のことが多い。 クレカやPaypalを使ってアプリ内で決済できるので、配達してきた人に料金を支払ったりお釣りをもらったりする必要がない。

Grabのデリバリー機能と違って、電話番号さえあれば任意の場所に配達してくれる。

デリバリーの味をしめて2、3日に一回は頼んでしまっている。 学校では食事が三食出るが、お昼の時間に仕事をしているので部屋にある日持ちのする粗食で済ましているし。それに「そいえばオレ大人だからそれなりに金持ってるじゃん」って言うのを思い出したので、食べ過ぎない程度に食べたいものを頼んでいる。

ピザ2切れとサラダを頼んだつもりが、ピザ一切れとサラダおまけにパン2つ、スパゲティ、マッカンチーズ、謎味の甘い飲み物2つと炭水化物攻めにあった。注文は慎重に。

f:id:kon_yu:20190720085632p:plainf:id:kon_yu:20190720085651p:plain

問題と言うかちょっとハードルが高いのは、物が届いたらsmsか電話がかかってくる。電話の場合は非常に訛りの強い英語でかかってくるので非常に焦る、大体はもう玄関についてるってことなのでなんとかなる。I'm coming!って言ってしのいでいる。

Zomoto

食べログみたいなもの。食べログのとかの口コミのランキングについては思うところがあるが、眺めている分には楽しい。 f:id:kon_yu:20190720085658p:plain 基本的に大きいショッピングモールに入っているレストランに入れば、レストランの偉い人がキュレーションしてくれているのでハズレがないのでそれでいいような気もする。

eatigo

飲食店の予約アプリ。混雑時間以外は割引して食事ができる。マレーシアであったOffpeakというアプリも同じような感じ。アメリカでも似たようなアプリがあるのだろうか。そのうち日本でもどっかの飲食店の予約サービスをやっている会社あたりがパクったサービスを出すだろう。食べログか、ホットペッパーが順等で、大穴がトレタあたりかな f:id:kon_yu:20190720085638p:plain

その他

LALAFood: フードデリバリー。セブ島はまだ対応していなかった

honestbee: お買い物代行アプリ。セブ島はまだ対応していなかった

micab: タクシーアプリ。Grabばかり使って試していない


今週の英語学習進捗

発音と、スピーキングの授業、それにプレゼンテーションやディスカッションをするグループレッスンを受けている。 今週も学習の振り返りはIT業界で有名なKPTを使って振り返りをしている。

KPTとは

KPTはKeep, Problem, Tryの略で日本ではケプトと読む人が多い。 Keepは続けること、Problemは改善したい問題, TryはProblemの解決策として取り組むことである。

今週は3週目なので先週のTryの結果から

Tryの結果

  • 会話のフレーズ集や瞬間英作文的な本も日々の学習に組み込む
  • 仕事を減らせないので圧縮できるよう集中する、仕事から英語の勉強の切り替えをすぐにやる
    • NHKニュースのポッドキャストを聞いたりしてみているが、どうもしっくり来ていない。新たな対策を考えたい。ただ仕事の手離れが悪いだけかも

Keep

  • この学校が謳っている一日8時間以上の学習ができている
    • 学習時間を細かくアプリを使って計測しているのでこれは問題ない
  • 個別の単語の発音練習を続けている
    • 今週から発音のレッスンは短文のイントネーションやリンキングの授業に入りなかなかハード
  • 筋肉体操も習慣化できている
  • 食物繊維不足にドライマンゴーと飲むヨーグルトを買って摂取
    • 昼食時に仕事をしているので食堂に食べに行く暇がないのでそうしているが、夜も面倒でこの食事を食べる日がちらほら
    • バナナは大きい房しか売っていなくてて腐らせるので、ドライマンドー、バナナチップ、ミックスナッツなど試してみた結果、ドライマンゴーのみ正式採用とした。ヤクルトは単純に売り切れて毎日のように近所のスーパーで買えないので代理として飲むヨーグルトにしている

Problem

  • もっと他の生徒とたくさん触れ合ったほうがいい気持ちが湧いてきた
    • おそらく長期的にいる人は金曜日に飲みに行ったりしている見かけると羨ましい気持ちになる
  • Toeicの対策の問題を解いてみても特に成長を感じない
  • 1週目のときのように言いたいことを言えないもどかしさが出てきた
  • 最終日の後どうやってこの学校から去るのか手続きを教えてもらえていない
  • 仕事で日本とZoomというソフトを使ってビデオチャットをしているが、相手のカメラや画面共有のデータをこちらの操作でOn/Offできないのでデータ通信量がかさむ
    • ミーティングの内容上不要な場合は、映像データを受け取らないっていうのをアプリ上からできればいいのだが

Try

  • もっと他の生徒とたくさん触れ合ったほうがいい気持ちが湧いてきた
    • 短い期間で本当にやるべきことは英語力を伸ばすことなので残り一週間集中しよう
    • とはいえ精神衛生上よくないのでグループレッスンで一緒になった人とは挨拶以外にも話すのは続ける
  • Toeicの対策の問題を解いてみても特に成長を感じない
    • Toeic対策の勉強をしに来ていないから、毎日少しは触れるようにして落とさない努力をしていけばいいだろう
  • 1週目のときのように言いたいことを言えないもどかしさが出てきた
    • ちょっと言いたいことが口から出るようになって来たために、頭の中で思っていたことが言語化できないもどかしさを感じている気がする。2週目は言えることだけを喋っていたのでその逆だ。成長痛だと思って精進するしか無い
      • 日本の選挙の話しで間接民主制と立憲君主制の話をしようとするから、言えないのだ。英語のレベルが追いついていない。昨日食べたレストランのご飯が美味しかったとか分相応の英語を話せば良いものを。
  • 最終日の後どうやってこの学校から去るのか手続きを教えてもらえていない
    • 最後の授業が終わってから出国するまで日数が殆ど無いので、授業が終わったらすぐに出所してリゾートっぽいところに泊まりたい
  • 仕事で日本とZoomというソフトを使ってビデオチャットをしているが、相手のカメラや画面共有のデータをこちらの操作でOn/Offできないのでデータ通信量がかさむ
    • これは金で解決するしか無い。週2千円程度だし

f:id:kon_yu:20190720085627j:plain
それにしても猫は世界中どこでも可愛い

サウスピークが気になった場合はこちらから申し込み(設定をミスってなければこのリンクから申し込むとわずかばかりオレの財布にお金が入るはずなんだが) このリンクから申し込むがよい